WEB予約

インプラント治療

Implant

ららデンタルクリニック

MENU

インプラント

準備中

補綴治療

クラウン

クラウンとは、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミック オールセラミック
特徴

セラミック(陶器)でできたクラウン。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・変色しにくい
  • ・金属アレルギーが起こらない
  • ・汚れがつきにくいので歯茎に優しい
デメリット
  • ・高価である
  • ・歯を削る量が多い
  • ・割れることがある
メタルボンド メタルボンド
特徴

中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウン。

メリット
  • ・中身が金属で作られているため耐久性がある
  • ・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある
  • ・変色しにくい
デメリット
  • ・裏から見ると金属が少し見える
  • ・高価である
  • ・歯を削る量が多い
  • ・割れることがある
  • ・天然歯より硬く、噛み合わせの相手の歯を傷めることがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック
特徴

セラミックとレジンを混ぜた材料で作られたクラウン。

メリット
  • ・程よい硬さのため、噛み合わせの相手の歯を傷つけにくい
  • ・セラミックより安価
デメリット
  • ・変色することがある
  • ・白い色が単調でセラミックより不自然になる
  • ・裏から見ると金属が少し見える
  • ・歯を削る量が多い
  • ・セラミックより割れやすい
  • ・すり減ってくるので下地の金属が見えてくることがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
ラミネートべニア ラミネートべニア
特徴

歯を少しだけ削って付け爪のように歯の形をしたセラミックの薄い板を張り付ける。 ホワイトニングで白くできない場合やホワイトニングでの後戻りが嫌な場合や見た目の形を治したい場合に用いる。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・審美的
  • ・クラウンをかぶせるよりも削る部分が少なくて済む
  • ・変色しにくい
デメリット
  • ・虫歯や歯ぎしり、かみしめが強い場合は適用できない
  • ・健康な歯を削る必要がある
  • ・神経のない歯にはできない
ゴールドクラウン ゴールドクラウン
特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウン。

メリット
  • ・金属なので強度が充分ある
  • ・他の金属より適合がいい
デメリット
  • ・金属部分が目立つ

クラウンの種類(保険適用)

CAD/CAM冠 CAD/CAM冠
特徴

レジンとセラミックを配合したブロックを削り出して作製するため、変形が少ない。

メリット
  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・高頻度に外れたり割れたりする
  • ・長期間の使用で変色する
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
特徴

中身を金属で作り、見える部分にレジンを張り付けたクラウン。

メリット
  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • ・中身が金属なので強度がある
  • ・前歯~犬歯であれば保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・変色する
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
合金(金銀パラジウム) 合金(金銀パラジウム)
特徴

いわゆる銀歯で、全体が金銀パラジウム合金でできたクラウン。

メリット
  • ・金属なので強度があり、どの歯にも使える
  • ・保険適用で治療費を抑えられる
デメリット
  • ・金属部分が目立つ
  • ・金属アレルギーを起こすことがある